ショールームの写真
- 2014/11/20(Thu) -
宮崎も少し厚着をすると気持ちの良い季節になってまいりました。

山道などを走ると紅葉も楽しいシーズンですね♪

弊社ホームページの 店舗案内 の 店舗・ショールームの案内に お店の写真を追加いたしました。



ピアノ音色工房ショールーム写真
この記事のURL | 仕事日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ユーロで買い物
- 2010/07/11(Sun) -
最近は、コツコツとご依頼を頂きましたパーツ交換系の修理に奮闘しています。

兎にも角にも、ユーロが安い!


ドイツの部品メーカーに発注するパーツも「時価」ですので本当にお買い得です。

お店も以前より気になっていた工具備品を心おきなく補充できてスッキリ!


各主要都市に会社窓口のある国際メーカーは、「ユニバーサルプライス」なので、円高でも円安でも価格変更は無く、並行輸入もリスクの方が大きかったりしますが、細かなものは別ですね、、、。


ピアノ付属品やパーツなど、現地に直接発注するものは、「お得な価格」でご注文頂けますので今がお勧めですョ!
この記事のURL | 仕事日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
長距離シーズンです。
- 2010/06/04(Fri) -
最近は偶然、大規模な修理を数台いただき奮闘中です。やはり良い部品の音色への影響力は凄い!

そして、気が付けば早くも 6月!!
 
今月前半は集中して長距離圏を巡回いたします。

少しわくわくしながら地図を調べて準備中です。 
この記事のURL | 仕事日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スタインウェイ・ジャパン特約店会議
- 2010/02/05(Fri) -
スタインウェイ社の dealer meeting が福岡で行われ、通常は塗装で隠されたピアノの生地面の木目が見れます「システムピアノ」が公開されました。

ピアノに使用される「木材の木目の美しさ」は音色だけでなく「耐久性」に最も影響し、大変重要な部分です。

スタインウェイピアノは塗装の下の面まで「厳選された木目の美しい無垢材」を使用しています。
それは、閃く至高の音色を生み出す スタインウェイピアノの秘密の一つです。


「システムピアノ」の音色を聴くために、お母様がハンガリー人、お父様が日本人の若手ピアニスト金子三勇士 (かねこ みゅうじ)氏のミニリサイタルがレセプションの前に行われました。

情熱的でエネルギー溢れるショパンとリストを2曲ずつ、アンコールには今マイブームと言われるバッハを1曲。

素晴らしい音色と音楽でした。


システムピアノ


システムピアノ1
この記事のURL | 仕事日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スタインウェイピアノの納品
- 2009/12/23(Wed) -
宮崎市宮田町にあるオードリーハウスさんに昨日、スタインウェイピアノを無事に納品することができました。

本日、こけら落としに トランペット 井手茂貴 氏と ピアニスト 浜月春佳さん の演奏会が催され大盛況で終了。

空間的に使い勝手の良いプライベートホールのスタインウェイ納入は初めてで、これからの期待が高まります。

それにしても、ベテラン トランペット奏者の井手氏のトークと演奏の間は素晴らしかったナ。。

あと真新しいスタインウェイを温かく、太く、そしてキラキラ澄んだ音色で奏でて下さった浜月さんに心から感謝でした。

本当に音楽好きなお客様で座席が埋まったとはいえ、"純粋に地元の人間のみ"の演奏会でとても満足して帰って行かれる演奏会はとても調律師として幸せなイベントでした。。

オードリーハウス
この記事のURL | 仕事日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
移動、移動、、
- 2009/10/17(Sat) -
昨日より宮崎から片道4?5時間ほど移動した場所に来ております。


と、言いましても一泊で戻り、明後日から東京に移動です。


出張先での仕事は大切な仕事が多いです。


遠方からも仕事を依頼して下さる皆様に感謝です。。


さあ、移動、移動、、
この記事のURL | 仕事日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
演奏会場の合わない楽器。
- 2009/10/12(Mon) -
ピアニストは宿命として自分の楽器を会場に運び込むことは困難です。

そこで演奏家が馴れないピアノでも演奏しやすいように調律師は演奏家に合わせて調律を行います。

初めて仕事をさせて頂く演奏家の調律では、出来る限りスタンダードに行い、リハーサルや練習後のコメントを待ちます。

他の楽器でも同じですが、優れた楽器であり、なお且つ演奏家の好みに合った音色の楽器は愛されます。

合わない楽器での演奏は、本当に大変だそうです。。

技術を磨くことと、各演奏家の好みを知ること、それを具現化すること、、、

リハーサル等の時間は演奏家にはもちろん調律師にも重要な時間なのです。
リハーサル
この記事のURL | 仕事日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
調律師協会、九州支部会
- 2009/10/04(Sun) -
本日より、スタインウェイ社の講師をお招きしての (社)日本ピアノ調律師協会の九州支部会 の集まり
などなどで、福岡に出張です。


これから 東京出張なども重なり 移動距離の多い時期 に入ります。


不思議と移動距離が多いと、良い刺激を頂く事も多く 元気になります。


異なる地域の方々と接することで 最適化されるのかもしれません。


移動時間も、気分転換になりますので 楽しんでまいります。


さあ、出発 、、、
この記事のURL | 仕事日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |